ちょびリッチは本当にお得?メリット・デメリットや評判をわかりやすく解説



アプリに課金したい…!

有料サービスを利用したい…!

でも、自分のお金を使うのはもったいない…

家族にとっては「無駄」な出費なのでバレたくない

 

そんな方にオススメなのが「ポイ活」です。

存在は知っていても、なにからやれば良いかわからないという方は少なくありません。

普段の生活で「楽天市場」などでネットショッピングをしている方は、ポイントサービスサイト「ちょびリッチ」がおすすめです。簡単に始められてポイント還元率が高い「ちょびリッチ」。

この記事では、ちょびリッチの概要~メリット・デメリットまでわかりやすく解説します。

ちょびリッチの概要

ちょびリッチは、累計会員数400万人以上、掲載案件数約1万件、累計換金額50億円以上を誇る日本最大級のポイントサービスサイトです。ポイントサービスサイトとは、利用したサービスに応じてポイントが貯まるサイトのことです。

副業として人気の高い「ポイ活」にもちょびリッチは利用されています。

ちょびリッチは2002年創業、2004年運営開始とポイントサイトの中でも長期間運営されており、長年の実績に裏打ちされた安心感があります。

肝心のポイント還元率も業界トップクラス。無料で稼げるコンテンツも充実しています。

ちょびリッチのメリット3選

高ランクほどポイント還元率が高くなる「会員ランク制度」がある

ちょびリッチには、稼げば稼ぐほど還元される「会員ランク制度」があります。

ランクは5つあり、下から順に

  • レギュラー
  • ブロンズ
  • シルバー
  • ゴールド
  • プラチナ

に分けられています。ランクが高いほど、多くのポイントが獲得できる仕組みです。具体的なポイント還元率は以下のとおりです。

image1

引用元|ちょびリッチ会員ランク制度とは(https://www.chobirich.com/info/rank/

 

最高位のプラチナランクになると、15%のポイント還元率!これは非常に魅力的ですね。しかも、一度プラチナランクに昇格すれば、永久にゴールドランク以上が確約されるという保証付き!

ちなみに、ランクアップ条件は、利用回数または金額で決まります。

image3

引用元|ちょびリッチ会員ランク制度とは(https://www.chobirich.com/info/rank/

 

この会員制度、何が良いかと言うと、一定の利用回数または獲得ポイント数を達成すれば、一気にランクアップができるということ。つまり、レギュラーランクから始めた翌月にプラチナランクへ昇格することも不可能ではないのです。

プラチナランクを目指す場合、過去6か月の間に12回の利用または3万ポイントの獲得が条件となります。ランクが低いとポイント還元率が相対的に低いため、プラチナランクを最速で目指す場合は、とにかく回数をこなす方がコストパフォーマンスバランスに優れていると言えます。



ポイントが付かない心配がない「お買い物保証制度」

過去にポイントサービスサイトを利用したことがある人なら共感いただけると思うのですが、「ポイントサービスサイトを経由して買い物したのにポイントが付かなかった…」といった経験はありませんか?

ちょびリッチは、そんなユーザーのネガティブな気持ちに寄り添い「お買い物保証制度」を整えています。

image2

「お買い物保証制度」とは、ちょびリッチ経由でお買い物をしたのにポイントが付かない場合、付くはずだったポイントを保証してくれる制度です。

ポイントが付かなかったら「なんで付かなかったの?」「ポイントが付かないんだったら買い物するんじゃなかった…」といったネガティブな気持ちになるものです。

そんな経験を一度でもすると、そのサービスを使いたくなくなりますよね。

ちょびリッチの場合は、この「お買い物保証制度」のおかげで、安心してサービス利用することができます。

>> 利用時の注意点はこちらを参照

毎日1,000ポイントがあたるチャンス!「今日のちょびリッチ」

ここまで読んでいただいただけでも、ちょびリッチはお得に安心して利用できるサービスだと分かっていただけたのではないでしょうか?もうひとつ、とにかく楽してポイントゲットできるチャンスについて解説させてください。

それが「今日のちょびリッチ」です。

・ちょびリッチ登録会員全員の中から抽選で10名:毎日1,000ポイント~10ポイント

・いつも利用している会員(*)の中から抽選で10名:毎日1,000ポイント~100ポイント

→ 合計20名に毎日1,000ポイント~10ポイントが当たります。

(*)「お買い物で貯める」「登録・申込で貯める」に掲載されている案件を利用し、ポイント通帳にポイントが反映した日から30日間抽選対象になる

申請期限までに当選者からの申請がない場合、当選ポイントは翌日にキャリーオーバーされます。最高200,000ポイントまで持ち越せ、それに達した場合、申請があるまで同ポイントが当選ポイント数となります。

今日のちょびリッチ」のページをご覧頂くと分かるように、毎日のように数千ポイント獲得しているユーザーがいるのです。

ただ登録しているだけでポイント獲得できるチャンスを見逃すわけにはいかないでしょう!


ちょびリッチのデメリット

ちょびリッチのデメリットについても簡単に触れておきましょう。

友達紹介でのポイント獲得効率が良くない

ちょびリッチには友達紹介制度があります。この制度、友達が獲得したポイントの40%が報酬としてもらえるのですが、対象案件が非常に限定されています。したがって、友達紹介で稼ぐのは難しいと考えています。友達紹介で稼ぎたい方は、他のポイントサイトを利用しましょう。

ポイント交換の手数料がかかる場合がある

ちょびリッチでは、一部の銀行を除き、現金への交換手数料を無料と書かれています。しかしポイント交換のページを見てみると、手数料無料で現金に交換できるのは、「住信SBIネット銀行」「楽天銀行」「PayPay銀行」の3つの銀行のみなのです。たとえば、ゆうちょ銀行の場合は150円の交換手数料がかかりますし、その他の銀行の場合も同様に150円かかります。上記3つの銀行口座を持っていない場合は、LINE Payなどの電子マネーや、Amazonギフト券などへの交換をおすすめします。電子マネーの場合、手数料無料で交換できるからです。

まとめ|ちょびリッチでポイントをゲットして、アプリ課金や有料サービス利用の軍資金を楽に貯めよう

ちょびリッチは会員数400万人の老舗ポイントサイトです。登録するだけでポイント獲得のチャンスがあり、アプリ課金や有料サービスの利用料金をちょびリッチだけで稼げる可能性があります。

また、お買い物保証制度やランク制度など、おトクに稼げる制度が完備されており、無料でポイントが貯まるコンテンツも豊富と、登録しておいて損しないサービスです。

完全無料で利用できますので、登録してみることをオススメします!

↓ 下のバナーから即!登録 ↓